Newsroom

News

Press Releases

インターシル、業界最小の絶縁型RS-485トランシーバを発表

堅牢性の高いISL32704E、産業用IoTネットワーク向けに革新的な性能、業界をリードするEMIとCMTI特性、最高の動作電圧を提供

Feb 13, 2017

革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードするインターシル(本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、NASDAQ:ISIL)は、産業用IoT(IIoT)ネットワーク向けに4Mbps双方向データ伝送を提供する業界最小の絶縁型RS-485差動バス・トランシーバを発表しました。新製品の高速ISL32704Eは競合製品に比べ70パーセント小さい小型の4 x 5mm QSOPパッケージに封止されており、電磁干渉(EMI)とコモンモード過渡(CMTI)に対して業界をリードする耐性を提供します。また、動作電圧が600VRMSと、最も近い競合製品に比べて約50パーセント高くなっています。

ISL32704E RS-485トランシーバは巨大磁気抵抗(GMR)技術の採用により、ガルバニック絶縁機能を提供しており、電気的ノイズの多い工場やビル・オートメーション環境で発生するコモンモード・ノイズから通信バスを保護します。計装機器、ロボット、モーター駆動、データ・アクイジション、デジタルI/Oモジュールにプログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)を接続するIIOTネットワークの機器バス間インタフェースに最適です。他の絶縁技術と比べた場合、ISL32704EのGMR絶縁は低放射エミッションと低EMI感受性を特長としています。さらに、GMR絶縁により、バリア両端間でのDC信号と低周波数信号の伝送のためのRF搬送波やパルス幅変調(PWM)を使用する静電容量性やトランス・ベースのアイソレータに必要な複雑なエンコーディングを不要にします。

ISL32704Eは消費電流の大きい電力伝送コイルやトランスを使用していないことから、競合製品に比べ消費電力を80パーセント低減します。20mAの電源電流は過熱を引き起こさずに、小型のQSOPパッケージで最大速度動作を可能にします。非絶縁制御サイドは3Vマイコンに直接接続し、一方、絶縁バス・サイドはより高い5V電圧電源への接続により、100メートル以上の距離で強力なバス信号の通信を行います。また、ISL32704EはEN 50081とEN 50082-2電磁適合性(EMC)規格のほか、情報技術装置向けの包括的なライン電圧規格EN 61000に完全に準拠しています。

インターシルのプレシジョン・プロダクツ担当シニア・バイス・プレジデントのフィリップ・チェスレイは「私たちの新しいISL32704E絶縁型RS-485トランシーバは実質上まったく放射EMIを発生させないことから、産業機器の設計でお客様が経験する最大の課題の1つを解決します」と述べ、さらに「シールドも不要なことから、基板レイアウトの簡素化、基板面積の低減、データ伝送の信頼性と整合性の向上を可能にします」と語りました。

ISL32704Eの主な特長と仕様

4Mbpsのデータレートにより高速データ伝送が可能
UL 1577規格準拠の2.5kVRMS絶縁とVDE 0884規格準拠の600VRMS動作電圧
3~5V電源をサポート
1ユニット・ロード特性により、1本のバス上で最大32デバイスの接続が可能
50kV/µs(代表値)、30kV/µs(最小値)のコモンモード過渡耐性により、ノイズの多い環境下で信頼性の高いデータ伝送が可能
4万4,000年のバリア寿命を提供
15kV ESDバス/ピン保護
低EMCフットプリント
サーマル・シャットダウン保護機能により、バス・コンテンション中や、過バス電流を招くライン短絡時の損傷を防止
-40~+85°Cの動作温度範囲
ANSI RS-485規格に対応
VDE V0884-11認証申請中

価格と供給

ISL32704E絶縁型RS-485トランシーバは4 x 5mmの16ピンQSOPパッケージで出荷が開始されており、1,000個一括購入時の単価は3.79米ドルです。ISL32704EVAL1Z評価ボードを単価99米ドルで提供しています。詳細はhttp://www.intersil.com/products/isl32704e をご覧ください。

製品写真はhttp://newsroom.intersil.com/download/isl32704e_Hi-Res.jpg からダウンロードできます。

以下のソーシャル・ネットワーク・サービスにて、インターシルの最新情報をご確認いただけます。

Twitter

Facebook

LinkedIn

インターシルについて

インターシルは、革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードしています。インターシルの製品は急速に高度化し、モバイル化と消費電力の増加が進む電子機器の構成部品として、効率の向上とバッテリ駆動時間の延長を実現します。インターシルは広範にわたる設計資産(IP)、設計とプロセス技術開発の経験を活用し、産業機器/インフラ、モバイル・コンピューティング、車載、航空宇宙などの市場で活躍する有力企業の信頼できるパートナーとしての地位を確立しています。インターシルの詳細は、http://jp.intersil.com/en.htmlをご覧ください。

インターシル株式会社はインターシル コーポレーション(本社:米カリフォルニア州ミルピタス)の全額出資の日本法人で、各種電源ICと高精度アナログICを日本のお客様に提供しています。本社は東京都港区で、京都に西日本オフィスがあります。

※Intersil、IntersilロゴはIntersil Corporationの商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ピー・ディ・エスインターナショナル 花嶋

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-10-6 MARY HOUSE

Tel: 03-3288-7264 Fax: 03-3288-6936

intersil_pr@pds-international.com

print