Newsroom

News

Press Releases

インターシル、車載eCallシステムのバックアップ・バッテリ動作時間を延長するバッテリ・チャージャを発表

高集積のISL78693、業界最小のリーク電流を実現し、停止時のeCallシステム・バックアップ・バッテリの動作時間を延長

Jan 17, 2017

革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードするインターシル(本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、NASDAQ:ISIL)は、車載自動緊急通報(eCall)システムで使用されるリン酸鉄リチウム(LiFePO4)バッテリの動作時間を延長する3.6Vシングルセル・バッテリ・チャージャISL78693を発表しました。ISL78693バッテリ・チャージャは競合製品に比べリーク電流を最大4分の1の3uAに低下でき、eCallシステム・バックアップ・バッテリの充電状態の長期間維持を可能にします。インターシルは1月18日から20日にかけて東京ビッグサイトで開催されるオートモーティブ ワールドに出展し、ブース(ブース番号:E30-11)で、ISL78693の発表を行います。

世界の自動車メーカーは路車間通信(V2I)システムにeCallシステムを導入しています。衝突事故の発生時にはeCallシステムがGPSを通じて自動的にクルマの現在位置を送信し、最寄りの24時間緊急コールセンターに救助を求めます。このため、数か月間駐車したままになっていたクルマが事故にあい、緊急通知が必要になった場合でも、路車間eCallシステムはバックアップ・バッテリを使用し、信頼性が高く、自律的な動作を行わなければなりません。

ISL78693バッテリ・チャージャは日本の救急自動通報システム(D-Call Net)の試験運用などにみられるように、世界で普及し始めているeCallシステムをサポートするために開発されました。緊急コールセンターへの車両データの自動送信により、緊急コールセンターは衝突の重大性の迅速な評価と、救急車や救急ヘリコプターの迅速な派遣が可能になり、人命救助に要する時間を大幅に短縮できます。また、欧州のeCallイニシアチブは衝突事故にあったドライバーに対する迅速な救援を行い、ロシアのERA-GLONASSと米国のOnStar®は安全/救急通報サービスを提供します。

ISL78693のバッテリ温度監視機能と3.6Vの低い出力電圧は、一般的に使用されているLiFePO4バッテリの保護と動作時間延長を可能にします。ISL78693は競合製品に比べ、大幅にシンプルで使いやすいソリューションを提供し、フル充電プラットフォームのプログラミングに必要な外付け受動部品点数をわずか5点に抑えることができます。ISL78693の小型3mm角DFNパッケージはスペースに制約のある基板への採用に適しており、非常に堅牢で小サイズの設計を可能にします。さらに、バッテリ充電電流の自動的な低減により過熱を防止するユニークな充電電流サーマル・フォールドバック機能を備えており、信頼性を向上します。

インターシルのプレシジョン・プロダクツ担当シニア・バイス・プレジデントのフィリップ・チェスレイは「自動車メーカーでは、交通事故やクルマの長期間駐車時にバックアップ・バッテリの急速な放電を防止する車載規格準拠バッテリ・チャージャに対するニーズが高まっています」と述べ、さらに「ISL78693はインターシルの革新的なパワーマネジメント技術を活用し、業界最小のリーク電流と、eCallアプリケーション向けに最適化された充電プロファイルを提供するソリューションを実現します」と語りました。

機能と仕様

  • シングルセル・リチウム・バッテリ向けの完全なチャージャ・ソリューション
  • -40°Cから+85°Cの温度範囲で700nA(代表値)と3uA(最大値)の逆バッテリ・リーク電流を提供し、入力電圧電源がオフの際にバックアップ・バッテリの充電状態を長期間維持
  • 1Aまでプログラム可能な充電電流により、放熱や期待バッテリ動作時間に対するバッテリ充電時間の最適トレードオフを実現
  • 最小2.65Vまでの保証スタートアップ後動作により、コールド・クランク・スタート時のシャットオフを防止
  • 1パーセントの初期電圧精度により充電レベルを正確に制御し、バッテリ動作時間を延長
  • パワー・トランジスタと電流センサを内蔵
  • 10パーセントのトリクル充電により、完全に消耗したバッテリの電圧が2.6Vの最小充電レベルに達するまでプリコンディショニング
  • NTCサーミスタ入力は温度監視によりバッテリを保護するとともに、バッテリが既定充電温度範囲外の場合にチャージャをシャットオフ
  • 定電流/定電圧(CC/CV)タイプの電圧アダプタまたはUSB電源に対応
  • AEC-Q100 Grade-3に準拠

終止電圧3.6VのISL78693は、4.1VのISL78692リチウムイオン・バッテリ・チャージャとピン互換です。どちらのチャージャもISL78268 55V同期整流降圧コントローラ、ISL78201 2.5A同期整流昇降圧レギュレータ、ISL78206 2.5A同期整流降圧レギュレータ、ISL78233 3A同期整流降圧レギュレータとの組み合わせが可能で、12V鉛バッテリからeCallシステム向けバッテリまで幅広いアプリケーションに対応可能な電源ソリューションを提供します。

価格と供給

ISL78693バッテリ・チャージャは3mm角の10ピンDFNパッケージで供給が開始されており、1,000個一括購入時の単価は0.99米ドルです。ISL78693EVAL1Z評価ボードを単価56米ドルで提供しています。詳細はhttp://www.intersil.com/products/isl78693 をご覧ください。

製品写真はhttp://newsroom.intersil.com/download/ISL78693_Hi-Res.jpg からダウンロードできます。

以下のソーシャル・ネットワーク・サービスにて、インターシルの最新情報をご確認いただけます。

Twitter

Facebook

LinkedIn

インターシルについて

インターシルは、革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードしています。インターシルの製品は急速に高度化し、モバイル化と消費電力の増加が進む電子機器の構成部品として、効率の向上とバッテリ駆動時間の延長を実現します。インターシルは広範にわたる設計資産(IP)、設計とプロセス技術開発の経験を活用し、産業機器/インフラ、モバイル・コンピューティング、車載、航空宇宙などの市場で活躍する有力企業の信頼できるパートナーとしての地位を確立しています。インターシルの詳細は、http://jp.intersil.com/en.htmlをご覧ください。

インターシル株式会社はインターシル コーポレーション(本社:米カリフォルニア州ミルピタス)の全額出資の日本法人で、各種電源ICと高精度アナログICを日本のお客様に提供しています。本社は東京都港区で、京都に西日本オフィスがあります。

※Intersil、IntersilロゴはIntersil Corporationの商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ピー・ディ・エスインターナショナル 花嶋

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-10-6 MARY HOUSE

Tel: 03-3288-7264 Fax: 03-3288-6936

[email protected]

print