Newsroom

News

Press Releases

インターシル、バッテリ駆動携帯機器向けの高効率、大電流昇降圧レギュレータを発表

ISL91127とISL91128、最大96パーセントの効率と業界最小の静止電流により、低電圧バッテリ駆動システムに最適

Aug 17, 2016

革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードするインターシル(本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、NASDAQ:ISIL)は、高効率昇降圧レギュレータのISL91127とISL91128を発表しました。ISL91127とISL91128は業界をリードするインターシルの昇降圧ファミリの最新製品で、4.5Aのスイッチ、クラス最高の最大96パーセントの効率、小フットプリントを特長としており、バッテリ駆動機器のシステムや周辺機器への給電に最適です。また、30µAと業界最小の静止電流により、優れた軽負荷効率を提供します。

入力電圧が出力電圧を上回ったり下回ったりする可能性のある携帯機器において、昇降圧レギュレータは昇圧レギュレータとバイパス機能を組み合わせたソリューションに比べ、効率の向上とバッテリ駆動時間の延長を実現します。製品の小型化へのニーズが強まる中で、インターシルのISL9112xに採用されている小型QFNとWLCSPパッケージは、電源回路設計の際に柔軟性と設計の容易さを提供しながら、効率の最大化を可能にします。

ISL91127とISL91128は入力電圧と出力電圧の関係に応じて降圧モード、昇圧モード、昇降圧モードのいずれかで動作するとともに、モード間のスムースな移行を可能にし、ノイズと異常の発生を防止します。こうした機能に加え、優れた軽負荷効率と超低静止電流を提供するインターシルの特許取得済み技術の採用により、あらゆる条件下で効率を最大化します。これにより、携帯機器とモバイル機器の電力損失と発熱の低減が可能になり、バッテリ駆動時間を延長できます。

ISL91127とISL91128は入力電圧範囲が1.8~5.5Vと広く、複数のバッテリ・トポロジーに対応します。また、1~5.2Vと広い出力電圧範囲と3Aの出力電流により、設計の柔軟性を最大限に高めることができます。さらにISL91128はI2Cプログラマブルなダイナミック出力電圧調整機能を備えており、帰還抵抗を不要にするとともに、出力電圧が異なる製品を設計する際に既存の設計の再利用を可能にします。

インターシルのモバイル・パワー・プロダクツ担当シニア・バイス・プレジデントのアンドリュー・カウウェルは「最新のウェアラブル機器や医療用携帯機器、次世代スマートフォンなどの携帯機器設計の際には、常に製品の小型化と効率向上が重要な課題になっています」と述べ、さらに「インターシルは優れた過渡応答特性と最も高い電力効率の実現で業界をリードしています。私たちは最も要求の厳しいモバイル機器分野での豊富な経験を活かして最新の昇降圧レギュレータを開発しており、使いやすい小型パッケージでバッテリ駆動時間の延長を実現しています」と語りました。

ISL91127ISL91128の主な特長と仕様

  • 30µA(代表値)の静止電流:業界の大電流昇降圧レギュレータの中で静止電流が最小
  • 最大96パーセントの効率(PVIN = 3.6V、Vout = 3.4~4V、Iout = 200mA)
  • 昇圧モードで最大3Aの出力電流(PVIN = 3V、Vout = 3.3V)
  • 入力電圧範囲は1.8~5.5V。出力電圧は可変で、3.3Vでの固定も可能
  • 電圧低下、短絡、サーマル・フォルトに対する完全な保護機能により、安全で信頼性の高いシステム動作を実現
  • ISL91128はI2Cダイナミック出力電圧調整機能を提供するほか、リンギング抑制により卓越したEMI特性を実現

ISL91127とISL91128はISL9003AISL9016ISL9021AISL9001A LDOとの組み合わせにより、複数の出力レールへの対応とリップル・ノイズの低減を可能にします。より高い電圧レールの追加が必要な場合は、ISL9113 同期整流昇圧コンバータやISL91133 昇圧レギュレータとの組み合わせが可能です。また、低電圧レールの場合はISL9104ISL9103 同期整流降圧コンバータとの組み合わせが可能です。

価格と供給

ISL91127IRは4mm角の20ピンQFNパッケージで供給が開始されており、1,000個一括購入時の単価は1.29米ドルです。ISL91127は2.15 x 1.74mmの20ピンWLCSPパッケージで供給が開始されており、1,000個一括購入時の単価は1.25米ドルです。ISL91127IRN-EVZ固定電圧3.3V評価ボードとISL91127IRA-EVZ電圧可変評価ボードも提供しています。詳細はhttp://www.intersil.com/products/isl91127 をご覧ください。

ISL91128は2.15 x 1.74mmの20ピンWLCSPパッケージで供給が開始されており、1,000個一括購入時の単価は1.25米ドルです。詳細はhttp://www.intersil.com/products/isl91128 をご覧ください。

製品写真はhttp://newsroom.intersil.com/download/isl9112x-HiRes.jpg からダウンロードできます。

以下のソーシャル・ネットワーク・サービスにて、インターシルの最新情報をご確認いただけます。

Twitter

Facebook

LinkedIn

インターシルについて

インターシルは、革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードしています。インターシルの製品は急速に高度化し、モバイル化と消費電力の増加が進む電子機器の構成部品として、効率の向上とバッテリ駆動時間の延長を実現します。インターシルは広範にわたる設計資産(IP)、設計とプロセス技術開発の経験を活用し、産業機器/インフラ、モバイル・コンピューティング、車載、航空宇宙などの市場で活躍する有力企業の信頼できるパートナーとしての地位を確立しています。インターシルの詳細は、http://jp.intersil.com/en.htmlをご覧ください。

インターシル株式会社はインターシル コーポレーション(本社:米カリフォルニア州ミルピタス)の全額出資の日本法人で、各種電源ICと高精度アナログICを日本のお客様に提供しています。本社は東京都港区で、京都に西日本オフィスがあります。

※Intersil、IntersilロゴはIntersil Corporationの商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ピー・ディ・エスインターナショナル 花嶋

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-10-6 MARY HOUSE

Tel: 03-3288-7264 Fax: 03-3288-6936

intersil_pr@pds-international.com

print