Newsroom

News

Press Releases

インターシル、車載ヘッドアップ・ディスプレイ向けに業界最高の性能を提供するレーザー・ダイオード・ドライバを発表

4チャネルの高速ISL78365、最大750mAの高強度レーザーをパルス発振し、フルHD解像度ビデオをフロントガラスに投影可能

May 31, 2016

革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードするインターシル(本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、NASDAQ:ISIL)は、車載ヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)システム向けのレーザー・ダイオード・ドライバISL78365を発表しました。高集積のISL78365は競合ソリューションのほぼ2倍の電流で、チャネルあたり最大750mAの4チャネル高強度レーザーをパルス発振し、フルHDカラー・ビデオをフロントガラスに投影します。また、高電流と高速スイッチングにより、高解像度、高い色深度、高フレームレート投影のHUDを実現します。

 レーザーHUDは、先進運転支援システム(ADAS)の中でも最新の技術です。HUDは走行速度、警告信号、その他の重要な車両情報やナビゲーション情報をドライバーの視界内にあるフロントガラスに直接表示できるため、ドライバーは前方に視線を集中することができます。拡張現実機能に対応した新世代レーザーHUDはレイテンシがほぼゼロで、広い視野をサポートします。交通標識や前方の右左折レーンなどの追加的なリアルタイム情報、バーチャルな路面の矢印やラインを前方の道路にオーバーレイ表示することにより、ナビゲーションの指示が明確で従いやすくなります。

4チャネルのISL78365は、次世代のクルマで普及が見込まれる走査型MEMSレーザー投影システムのレーザー駆動のための包括的なソリューションを提供します。4番目のチャネルを持つ、業界唯一のレーザー・ドライバであり、広範なレーザー・ダイオード構成をサポートすることから、システム設計者は希望する輝度、シャープネス、高コントラストで色鮮やかな画像を実現できます。ISL78365の出力信号立ち上がり/立ち下がり時間は1.5ns未満で、競合デバイスを上回るスイッチング速度によって高フレーム・レートのHDカラー・ビデオを提供します。また、10ビット・カラー、10ビット・スケール分解能を提供し、各ドライバ・チャネルに対し広範なコントラスト・レベルをサポートします。さらに、柔軟性の高い同期パラレル・ビデオ・インタフェースにより、最大150MHzのピクセルレート、すなわち1ラインあたり最高1,900ピクセルをサポートします。

ISL78365はダイナミック・パワーマネジメント機能により、レーザー・ダイオード電源を最適化します。また、3種類の節電モードを提供し、効率の向上と電力損失の低減によりシステムの熱要件への対応を可能にします。プログラム可能なマルチパルスRTZ(return to zero)機能により、スペックル・ノイズを抑えるとともに、ウェッタブル・フランクQFNパッケージの採用により、コンパクトなレーザー投影式HUDへの統合を容易にします。

インターシルのプレシジョン・プロダクツ担当シニア・バイス・プレジデントのフィリップ・チェスレイは「ISL78365は高い駆動能力、高速スイッチング、高いカラー・ビデオ精度を提供し、今日の高級車と明日のミッドレンジ車向けに先進的なレーザー・ヘッドアップ・ディスプレイを実現します」と述べ、さらに「豊富な機能を持つインターシルのレーザー・ダイオード・ドライバは、システム・サイズと複雑さを最小化しながら、競合製品をはるかに凌駕する高い性能を提供します」と語りました。

主な特長と仕様

  • チャネルあたりのピーク電流出力は最大750mA
  • 高速出力スイッチングにより、パルスの立ち上がり/立ち下がり時間を1.5ns(Typ.)に抑え、鮮明な画素表示を実現
  • 最大150MHzの出力ピクセル・クロックをサポート
  • ダイナミック・パワー最適化コントローラ内蔵のレーザー電圧サンプラにより、システム消費電力を低減
  • 柔軟なデータ順序により、多様なRGBレーザー・ダイオードのオプトメカニカル配置をサポート
  • ブランキング期間の消費電力低減により、レーザー・ダイオード・ドライバの消費電流を削減
  • プログラム可能なマルチパルスRTZにより、最高度の柔軟性とスペックル・ノイズ抑制を実現
  • 単一3.3V電源と1.8Vビデオ・インタフェースにより、低消費電力動作を実現
  • 3線式シリアル・ペリフェラル・インタフェース
  • -40~+125℃の動作温度でAEC-Q100 Grade-1に準拠
  • ウェッタブル・フランクQFNパッケージによりハンダ接合部の光学検査が可能で、製造コストを低減

SL78365はインターシルのISL78206 2.5A同期整流降圧レギュレータ、ISL78201 2.5A同期整流昇降圧レギュレータ、ISL78233 3A同期整流降圧レギュレータ、ISL78302デュアル302mA LDO、ISL29125デジタルRGBセンサとの組み合わせにより、車載レーザー・プロジェクションHUD向けの包括的な電源システムを実現します。

価格と供給

4チャネルISL78365レーザー・ダイオード・ドライバは6mm角の40ピンWFQFNパッケージで供給が開始されており、1,000個一括購入時の単価は9.82米ドルです。詳細はhttp://www.intersil.com/products/isl78365 と、ビデオhttp://www.intersil.com/en/tools/videos/isl78365-automotive-grade-laser-diode-driver.html をご覧ください。

製品写真はhttp://newsroom.intersil.com/download/ISL78365-HiRes_Photo.jpg からダウンロードできます。

以下のソーシャル・ネットワーク・サービスにて、インターシルの最新情報をご確認いただけます。

Twitter

Facebook

LinkedIn

インターシルについて

インターシルは、革新的なパワーマネジメントと高精度アナログ・ソリューションのプロバイダとして世界をリードしています。インターシルの製品は急速に高度化し、モバイル化と消費電力の増加が進む電子機器の構成部品として、効率の向上とバッテリ駆動時間の延長を実現します。インターシルは広範にわたる設計資産(IP)、設計とプロセス技術開発の経験を活用し、産業機器/インフラ、モバイル・コンピューティング、車載、航空宇宙などの市場で活躍する有力企業の信頼できるパートナーとしての地位を確立しています。インターシルの詳細は、http://jp.intersil.com/en.htmlをご覧ください。

インターシル株式会社はインターシル コーポレーション(本社:米カリフォルニア州ミルピタス)の全額出資の日本法人で、各種電源ICと高精度アナログICを日本のお客様に提供しています。本社は東京都港区で、京都に西日本オフィスがあります。

※Intersil、IntersilロゴはIntersil Corporationの商標または登録商標です。そのほかのブランド名、製品名、マークなどは、それぞれの権利所有者が製品やサービスを表記するために使用している商標または登録商標の場合があります。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

株式会社ピー・ディ・エスインターナショナル 花嶋

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-10-6 MARY HOUSE

Tel: 03-3288-7264 Fax: 03-3288-6936

intersil_pr@pds-international.com

print